日記

WORLD WOOD DAY in Turkey 2

朝食の後、会場を案内してもらって屋外に用意されたテントでランチ。
世界各国から300人を越えるアーティストやミュージシャン、学者などが招待されたそうです。
昼からは特に予定はなくて、ディナーまでゆっくりしててくださいとのこと。

ちなみに今回一番気になっていた僕が選ばれた理由は、国際木文化学会(IWCS)のスタッフ、
ケイトさんがネットで僕を見つけてくれて気に入ってくれたからということでした。
先日、僕を大人物というサイトで紹介してくれたのもケイトさんの同僚だったそう。
台湾を急に身近に感じています。


Many artists working together to make a massive wooden monument.
世界各国から集まったコラボレーションチームが大きな橋のモニュメントを作っています。

Lunch time!!!#worldwoodday
Lunch time!
ランチタイム!

#worldwoodday
世界で仕事をしている台湾人カメラマンのウーサさん。とてもいい人。日本語もとても上手です。

2015-03-18 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

WORLD WOOD DAY in Turkey 1

I'm in Eskisehir, Turkey!

I’m in Eskisehir, Turkey!

木文化をテーマにした国際的なイベント、WORLD WOOD DAY 2015 in Turkeyに招待されてトルコにやってきました。
僕たちは作品の展示をワークショップをすることになっています。
無事ホテルに到着。いい感じの部屋です。関空から飛行機に13時間、イスタンブール空港からエスキシェヒルまでバスで4時間半乗ってました。疲れてなければ会場に案内しますが、と言われたで、疲れました。と即座に答えて部屋で横になっています。こちらは夕方の5時。晩ご飯が8時からなので、それまでゆっくりしよう。

晩ご飯、美味しかった!

2015-03-17 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

新作に取り掛かっています。

I’m making a new machine.
新作に取り掛かっています。

2015-03-15 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

大人物

大人物というサイトが僕のことを紹介してくれたおかげで
今週は中国や台湾からたくさんアクセスがあってとても嬉しいです。

I have a lot of access from China and Taiwan this week thanks to this site.
大人物
I am really happy. Thanks!

你好
请多多关照
非常感謝

2015-03-11 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

World Wood Day 2015に参加します。

今年はトルコで開催される、木をテーマにした国際的なイベント「World Wood Day 2015」に
招待されて、3月中旬から2週間トルコに滞在してワークショップをすることになっています。

こちらがWorld Wood Dayの公式サイト。
http://www.worldwoodday.org/2015/

どのような体験が待っているのか、楽しみです。

2015-03-10 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

instagramにオートマタコレクションをアップします。

これまで集めてきた主にイギリスのオートマタを
instagramで公開していくことにしました。

オートマタのことを知ってもらうきっかけになったり
だれかの役に立ったり、
ただ楽しんでもらえたりすると嬉しいです。

今後の更新をどうぞお楽しみに!
こちら→ 
instagram kazu_automata

2015-02-23 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

歯車をつくるときには

木で歯車を作りたい方におすすめのサイト。
数値を入力するだけで、歯車の図面ができあがるというなんとも親切なサイトです。
こちら→Gear template generator

歯車の本を読むと、いろいろややこしい計算式がでてきてますが、
オートマタに使う木の平歯車には、そこまでの精密さは要求されません。
ご自分で歯車を設計したい場合は、このページに載っているような事柄を
押さえておけば、あとはパソコンやコンパス&定規で製図できるはずです。
http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/design/ch06/ch06_02.html

2015-02-21 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

デジタルものづくり講座を受講しました。

tumblr_inline_njfs05E00o1qhdtae

山口市主催の実践・ものづくり筋強化プログラム(別名IoT Creators )に参加しました。
会場はYCAM。講師はファブラボ鎌倉の加藤先生と渡辺先生。
デジタル工作機器を使って5日間で、赤外線でコントロールできるロボットカーを作りました。
最終日は二人一組でこれまでの成果を発表する日。
コンビを組むことになった大学生の山崎くんと私、原田が対談形式でこのワークショップを振り返り
その内容をこちらのサイトに公開しましたので、どうぞご覧くださいませ。

>>IoT Creatorsまとめ

2015-02-09 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

『黒くぬれ!』を販売します。

black1

black2

black3

ローリングストーンズの代表曲の一つ『Paint It Black (黒くぬれ!)』をモチーフに
作ったオートマタです。

“Paint It Black”の歌詞

I see a red door and I want it painted black

(日本語訳)
俺は赤い扉を見ると黒に塗ってしまいたくなる

『Paint It Black (黒くぬれ!)』を1点、販売いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

2015-01-19 | Posted in オンラインショップ, 日記Comments Closed 

 

オートマトン、名前の由来

cover

オートマタというのは複数形の単語で、単数形がオートマトンになります。
普段オートマタを作っている僕ら夫婦にとって、お店も1つの作品だよね、
ということでオートマトンと名付けることにしました。

再開の準備はほとんど整ってきていて
今はギャラリースペースにある換気扇を目立たなくするためのカバーを作っています。
残りのちょっとで全体の印象が大きく変わるというところは
やはりオートマタ制作もお店づくりも似ているなぁと思います。

2014-06-22 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

この1ケ月で作った家具など その2

10sekkeizu
倉庫の荷物を一部母屋に移動させることにして、そのための棚を作ることにしました。簡単な設計図。

11hondana1
完成した棚。キャスター付。計5つ作りました。

12hondana2
母屋ではキャスターが畳に沈んで動かなくなったので、畳をはがしてコンパネを敷きました。

13kitchen1
余った板で、キッチンのワゴンに裏板をつけました。スッキリ。

14tenjidai1
展示台を作っているところ。

15tenjidai2
完成した展示台。

16desk1
お店で使うパソコンデスク。

17desk2
おめぐが母屋の仕事部屋で使うパソコンデスク。引き出し付。

18cabinet1
仕事部屋用のキャビネット(大)。梱包資材などが入ります。

19cabinet2
仕事部屋用のキャビネット(小)。我ながら良く出来たものだ。

20isu1
古道具屋さんで格安で売っていたボロボロの椅子をリメイクすることにしました。

21isu2
座面は張り替えてもらって、本体はペンキを塗るとほらこの通り!いい感じに変身しました。

我ながら短期間によくこれだけのことをやったものだと思いますが、
7月1日の再オープンに向けてまだ作るものがあるので、改めてご紹介させていただきます!

2014-06-08 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

この1ケ月で作った家具など その1

自宅横の倉庫を改装してカフェギャラリー『オートマトン』をオープンしたのが2012年の春。
大規模なオートマタ展の準備のために、わずか半年でお店を休業。
展示が終わったら再開するつもりだったのに、荷物が増えすぎてお店がもとの倉庫に戻ってしまいました。

その後も展示の仕事が続き、さらに荷物も増えて
だんだん自分でもここをまたお店に戻すのは難しそうだなぁと思い始めていたのですが
この夏に予定していた展示の話がなくなり、その準備をしなくてもよくなったので
「よし、それではオートマトン再開に向けてもう一度この倉庫をお店にしよう!」と決めました。

それから1ケ月。大掃除をしたり、収納するための家具や
展示に必要な什器を作ってきました。
家具は作ったことなかったし、自分で作れるとも思っていなかったけど
やってみると意外とできるものですね。
ようやく荷物も片付いてきて、カフェギャラリーの雰囲気が戻ってきました。

新生オートマトンはイベント時のみの営業。最初のイベントは
7月1日〜7日にオートマタの展示をしますのでどうぞよろしくお願いします。
(営業時間12:00〜20:00)

それでは、ここ最近作ってきたものをご紹介いたします。

01kabe1
展示に使うパネル。

02kabe2
パネルにペンキを塗ったところ。

03tanamini
レトロ調の本棚にもペンキを塗ってスッキリさせました。

04isubox
折りたたみ椅子を収納するための箱。

05table1
ウチにあった材料でテーブルを作ることにしました。

06table2
この後、脚を塗装して完成。

07syunou
展示用の荷物を収納するため、地下室に大きな台車やコロ付きの棚をあわせて7つ作りました。

08souko1
地下室に下りる階段の上に、小さな倉庫を作っているところ。先ずは床。

09souko2
次に壁。

その2に続きます。

2014-06-08 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

キャビネットを作りました。

hikidashi3

オートマトン再開にむけて、什器や収納家具を作っているうちに
勢いがついて母屋で使う家具まで作りはじめてしまいました。

今日作ったのは、おめぐが仕事部屋で使うキャビネット。
DIYだと部屋にぴったりなサイズで作れるのがいいですね。

2014-06-06 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

パワーオブラブのマイナーチェンジ

powerblog

あともう少しで完成という段階で
「ハートはもっと大きいほうが重そうでいいよね」と思ったのでハートを作り変えることにしました。
完成したら二象舎オンラインショップで1点販売します。

2014-06-05 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

GREEN HILLさんのチェスボード

chessboard

工房Green Hillの原田忠征さんに特注したチェスボードを受け取りに行ってきました。
ご覧の通り、素晴らしい出来映え!!

市販のチェスボードは、合板やMDFにシールのような薄い木材を
市松模様に貼ったものがほとんどですが、
これは14mmもの厚みがあるメープルとブラックウォルナットの天然木を使い、
オイル仕上げで作ってくださっています。
見た目にも、ずっしりとした重みにも上質さを感じます。
このクオリティからは考えられないような価格で作っていただき、感謝感激です。
ずっと大切に使っていこうと思います。
原田さん、ありがとうございました!

もし、どなたか他にも欲しいという方がいらっしゃいましたら
お気軽に僕へご連絡ください。>>コンタクトフォーム

Green Hillさんのウェブサイト
http://www.green-hill.jp/

2014-03-12 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

オートマタを作ってみたい人へ その2

◯着色
何で塗るのも自由ですが、アクリル絵具が使われることが多いようです。
木にアクリル絵具で塗る場合、トールペイントの本が参考になるかと思います。

◯アイデア
オリジナル作品に挑戦するなら、自分の好きなものをオートマタにするのがいいと思います。
犬好きで犬のオートマタを専門に作っている、イヌカラクリさんがいい例です。
「車」でも「歴史」でも何でもありです。
僕の場合は「言葉」や「音楽」から着想することが多いかなぁ。

例えば、馬で何か作ってみようと思ったら
・馬が颯爽と走っている
・ペガサスにしてみる
・馬がウマそうに人参を食べる
・馬が喧嘩している(ウマがあわない)
・馬と鹿がバカバカしい踊りをする
などなどいろいろ考えられると思います。

あとはイラストを描くのが好きだったら
自分の描いたキャラクターを動かしてみるのもいいでしょう。

◯発表する
出来たものはどんどん周囲の人に見せて感想を聞きましょう。
ある程度作品が増えるとグループ展に参加したり、個展を開くのもいいと思います。
人に見せるとなると、手を抜けなくなるので、作品の質が一気にあがります。

それでは、レッツ エンジョイ!

2014-03-06 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

オートマタを作ってみたい人へ その1

オートマタを作ってみたい人へ
僕からちょっとしたアドバイスです。

◯本
西田明夫著『摩訶不思議図鑑』には作例の図面や必要な道具など
オートマタ制作に必要な事柄が網羅されています。必携。

◯道具
電動工具はとりあえず糸ノコとボール盤(卓上ドリル)があれば作れます。
値段は糸ノコは2〜3万、ボール盤は1万円以内くらいのもので十分だと思います。

糸ノコの台の角度は可変のほうがオススメです。
振動が気になる場合は、糸ノコ用の防振マットを用意するといいでしょう。
糸ノコ専用台があればベストです。

本格的に作るとなると、製材するための機械が必要になってきますが、
これらはサイズも音も大きい上、粉塵がすごいので制作環境を選びます。

◯木材
最初はホームセンターにある材料でオッケーです。
大きなホームセンターには、銘木コーナーがあるところもあります。

◯何を作るか
最初は西田さんの本の作例を作ってみると
一通りのことが分かっていいかなぁと思います。(僕がそうでした。)
その後は、さらに西田作品を作ってみてもいいし、
他の作家の作品を参考にして作ってみるのもいいと思います。
でも自分で考えたアイデアが形になって動いたときの楽しさは
格別なのでぜひ挑戦してもらいたいです。

◯仕組み
図書館の機械工学のコーナーや小学生向けの工作コーナーで
役に立ちそうな本が見つかると思います。

こういう風に動かしたいとイメージがはっきりしている場合は、
それと同じような動きをする機械やおもちゃを観察したり分解するのが近道です。

(つづく・・・)

2014-03-06 | Posted in Blog, 日記Comments Closed 

 

感動のフィナーレ

オリンピックと同時開催した僕の個展もとうとう昨日が閉会式。
会期中、2度も大雪に見舞われるというほろ苦いアクシデントにも関わらず
たくさんの方々に楽しんでいただけてとても嬉しかったです。
僕なりの恩返しができた気がします。
国民のみなさま、どうもありがとう!

2014-02-26 | Posted in Blog, 日記Comments Closed