日記

手作り靴屋UZURA個展『ずらずら』

手作り靴屋のうずらさんの個展(受注会)をAUTOMATONで行います。
カラフルな靴、しぶい靴、冠婚葬祭をイメージした靴などなど
小さなサイズから大きなサイズまで、ずらずら〜っと勢ぞろい。
ぜひ、あなただけの一足を見つけに来てください。
その場でお持ち帰りいただける履物や小物もあります。

手作り靴屋UZURA個展(受注会)『ずらずら』
5月25日(金)-28日(月)
11:00 – 19:00

AUTOMATON
754-1101 山口県山口市秋穂東7737 地図
TEL & FAX 083-984-2072


UZURA(うずら)
「話して、つくって、わたす」をコンセプトに
デザインから仕上げまで、高橋おさむ・ひろみの二人で行う手作り靴屋。
靴メーカー勤務を経て、2004年より『うずら』をはじめる。
足をはかり、デザインも相談して作るフルオーダー靴(papit)と
うずらオリジナルデザインのセミオーダー靴(mour)を軸に小物も少し展開。
※個展でご注文いただけるのはmourのみとなります。

『うずらと僕』
うずらさんは、雑誌で見かけたり、友達から聞いたりして
ずい分前から知っていたのですが、初めて会ったのは
3年前に東京で行われたイベント『もみじ市』の会場でした。
お互い出店者として参加していて、打ち上げのときに話が盛り上がり急接近。
昨年8月にはうずらさんが作ってくれた靴が届き、
それからほとんど毎日のように履いています。

昨年、うずらさんが当時工房を構えていた千葉から
山口までドライブしようかなぁ、と言っていたので
それならぜひウチでオーダー会を、とリクエストしたら
なんと念願叶って、このたび実現することとなりました。

お客さんの足をみて、お客さんと話してから作るうずらさんは、
サイズだけ聞いて、作って、送るということをしません。
すなわち、この機会を逃すと、うずらさんに靴を
作ってもらうには、東京にある工房を訪ねるか、
年に数度しかない受注会に行くしかない、
つまり靴より高い交通費を払う事になってしまうのです。
おしゃれで自分の足の形にぴったりな靴を
お探しの方は、どうぞこの貴重なチャンスをお見逃しなく!
山口のみならず、九州、中国地方全域の
みなさんにおすすめしたいイベントです。

以下、うずらの靴が届いて感動したときの話。

【うずら】の靴が届く (2011年8月18日のブログ記事)

千葉県ある、手作り靴屋の【うずら】さんから『しょうゆの短靴』が届きました。
醤油作りに使われたという袋の生地と、牛革で作られた短靴です。
今も室内でこの靴を履いているほど、ものすごく見た目も履き心地も気に入っています。

友人たちの中にも、何人かうずらの靴の愛用者がいて、羨ましかっただけに
僕も仲間入りすることができて嬉しいです。

基本的にオーダーする前には、足をみてもらって、
靴の履き心地の好みなどを聞いてもらうことになっているのですが、
実際に履いて、その意味がよく分かりました。
ここまで自分の足の形にぴったりあう靴は、大げさではなく、本当に初めて。
さすが、いかにも良い靴を作る顔をしているだけのことはあります。
修理もしてくれるそうです。しっかり履いて、くたびれ果てた感じになったら
治してもらって、長く履き続けたいと思います。

今年、ようやく車の免許を取得したうずらさんが、運転の練習をかねて山口まで
遊びにきてくれるという未確認情報をキャッチしました。
実現したら、めぐも採寸してもらって、オーダーするつもり。
山口でオーダー会とか、して欲しいなぁ。

手作り靴屋【うずら】


ラッピングも素敵でした。

Share on Facebook

2012-04-25 | Posted in 日記